2週間でできるとは思わない

AdSense code or your HTML goes here, You may configure this area in the admin section.

どんな家

11月 29th, 2014

バブル崩壊後の一時的な自殺の急増は、『企業の雇用・社会保障の枠』からの篩い落としから立ち上がれなかった人たちの影響が考えられるが、

2000年代前半までの自殺率の高さは、高度経済成長期から日本経済の最盛期までの『一億総中流社会の意識との一体化(人並みのライフステージの進行から 脱落することの恥・恐怖と自己否定)』によってもたらされていた側面がある。
2000年代後半からは、格差社会の進展が客観的なジニ係数というよりも『若年層の雇用格差・出身家庭格差・学力格差(意欲格差)の意識』によっ て露見するようになり、どんな家(親)に生まれても努力すれば中流階層のライフスタイルに大多数の人がありつけるという『一億総中流社会の幻想』が崩落し た。
『下流社会・ネットカフェ難民・ナマポ』などの造語によって、中途からの競争の逆転が著しく困難な構造(その構造自体は昭和期以前から日本の身分 制・財閥経済の名残として確固としたものとしてあったが高度経済成長期には意識下に沈んでいた)が読み解かれ、極めて悲惨・貧困な境遇に置かれ続けながら も帰れる実家(頼れる親類)もない若者たちの姿がメディアに映し出された。

Comments are closed.