2週間でできるとは思わない

AdSense code or your HTML goes here, You may configure this area in the admin section.

モノガキの才能

10月 14th, 2014

日本でも、かつて童話賞を受賞した小学生がいて話題になった。
さて、その「才能あふれる」子供は今どうなっているのだろう? 正直、分かっていない。

海外の場合、三歳でシェークスピアやコンピューターのプログラムを理解するまでの才能を見せたが、最後に見た時には見た目が『ザ・浮浪者』状態でギターを弾きながら「小学校の先生になりたい」と言っていた。 日本の童話賞を得た小学生は某有名大学の法学部に進学し闇金解決メディアへの露出はない。 私はモノガキの才能があるのかないのかは分からないが、インターネットを長くやっていて怖く感じることがある。
それは、己の才能を勘違いしてしまうことが多いということだ。 しかし、私個人の経験談として書くと、コンピューターであろうと現実世界だろうと、どんなにすごい才能やアイディアがあろうと、努力して相手に納得させないと単なる口だけ人間になって最後は誰からも相手にされなくなる。 大きなことを言えば、それだけの実力や実績がないと誰も認めないのはネットも現実世界も同じだ。

Comments are closed.