2週間でできるとは思わない

AdSense code or your HTML goes here, You may configure this area in the admin section.

力関係の弱い業者

8月 1st, 2014

利益が下がれば、企業の出来る事は単価を下げるか、
人件費を下げる(雇用整理含め)か、設備投資を削る必要があります。

利益がないと給料は出せないわけで、家庭では全体的に考えた場合、給与が下がるか失業者になるかの2択になると考えていいでしょう。
単価を下げるということは、力関係の弱い業者に経営が苦しいとかいう理由をつけて、値上げ要請を飲めずに損益を抱え込ませる形となります。
そうなると、力関係の弱い業者は、浮気調査 広島人件費を削るとか解雇せざるを得ないでしょう。 そして企業側にとって、設備投資が出来ないということは、設備関係の企業の仕事が減るわけで、それだけ機会損失を与えることになります。 企業の収益が上がらない以上、株価にも悪影響を及ぼし、会社の資産が目減りします。
資産がなければ、投資したくても投資は出来ないし、経済規模が縮小すれば、投資先も少なくなるわけです。 個人や企業における全体的な影響として、経済規模が縮小し、所得平均が下がり、失業率が増えるという結果となります。

Comments are closed.