2週間でできるとは思わない

AdSense code or your HTML goes here, You may configure this area in the admin section.

叩くわけには行かない。

8月 5th, 2014

アメリカに逆らわないのが正しいと言った人には、猛省を促したい。
主敵韓国は倒れ、中国バブルは弾け、朝鮮は不発で、全ての黒幕のオバマ政権は失速している。

日本は勝った。もしくは守り切ったと言えよう。
外敵の脅威は概ね去った状況で、次にやるべきことは、韓国勢力が荒らしに荒らしていったマスコミ、教育、労働市場、人口構成(男女関係)の修復になる。
外の敵は叩いて倒せば良いが、内憂は叩くわけには行かない。どれだけ不良化していようとも、同胞は同胞なので、身内を叩いていたら自爆になってしまう。
ゆとり世代について批判すれば、必ず若い世代や、不倫調査 仙台ゆとりの子を持つ親は反発する。 時代にそぐわない主婦型結婚志向の女性を批判すれば、必ず女性全体を敵に回す。 就労形式が旧態的で、不文的な空気を盾に既得権を維持しようとしている層を批判すれば、国民の大半からハブられる。 つまり批判しても効果が無いし、批判するメリットがない。
そもそも批判する必要はない。

Comments are closed.