2週間でできるとは思わない

AdSense code or your HTML goes here, You may configure this area in the admin section.

差別は倫理上の問題

10月 26th, 2014

憲 法では、「差別されない」事が約束されており、差別は人権の侵害です。
違憲行為です。憲法14条のシンプルな解釈は、

第99条と絡めて国家権力は国民を差別してはならない、というものだと思います。憲法は権力の禁止事項ですから、正確に は、権力の違憲行為を正すものです。
ですから、国民の活動に対して「違憲行為」と表すのは、本来ならば適切ではない事は承知しています。
ただ、現行法では 名誉棄損に関する訴えくらいでしか差別へは対応出来ないようですし、 ヤミ金業者それでは論点が「差別」からは離れてしまいます。そうかといって、差別に関する法律を 作るにしても、差別を法文化して規定する事は、市民生活上、あまり有益だとも思えません。差別は倫理上の問題ですから、本来は法律で取り締まるよりも、教 育で対応すべき範囲です。そこで、憲法です。
憲法には、平和や幸福や人権に関する記述があり、国家権力への禁止事項は国民自身の倫理的な生活が前提です。

Comments are closed.