2週間でできるとは思わない

AdSense code or your HTML goes here, You may configure this area in the admin section.

毒ガスの島でもあります

7月 22nd, 2014

この習性、何かに似ていないだろうか。

そう

鳩である。

ここのウサギは鳩扱いなのだ。 鳩。

この島にしか当てはまらないかもしれないけれど、増えすぎた野生のウサギは鳩と同じ扱いになる。ああいるなー、くらいの存在感。

1時間くらい島を歩きまわっただけでたぶん300羽くらいのウサギに会えるので、これはもういちいち「可愛いー」って興奮していると体がもたないのだ。ウサギの数え方は伝統的に「何羽」と数えると思うが、あれ、鳩みたいだからじゃないのか。

この島のウサギ以外の見どころを紹介します。

毒ガスの島でもあります

急に話は変わるがこの大久野島、戦争中は毒ガス兵器が秘密裏に製造されていたのだとか。当時はこの事実を隠すため、地図にも載っていなかったらしい。そんな歴史に翻弄された島でもある。

当時の毒ガス製造工場とか貯蔵庫なんかの廃屋が島中に残されていて、戦争を知らない僕らの世代が見ても、じっとりと汗をかくほどのリアリティなのだ。早い話が、怖い。

ものすごいハードな廃墟なんだけど

Comments are closed.