2週間でできるとは思わない

AdSense code or your HTML goes here, You may configure this area in the admin section.

過激な戦闘表現

7月 19th, 2014

アルテミシオンからアテナイ海軍が撤退し て、アテナイのアクロポリスがペルシア軍に破壊されてしまっている絶望的な状況下、アテナイの智将テミストクレスは『ギリシア全土のポリスの大同団結』以 外に『ギリシア人の自由』を守り強大なペルシア帝国を排撃する方法はないと判断する。

テミストクレスは自らがスパルタに赴き、王妃ゴルゴ(レナ・ヘディ)に海軍の援軍を送ってくれるように依頼するが、夫のレオニダス王を亡くして落 胆するゴルゴは、スパルタは自国を守るのに精一杯でありギリシア連合軍に兵は出せないと拒絶する。

アルテミシアが長年のギリシアに対する怨恨・憎悪を滾ら せ、『サラミスの海戦』の決戦が迫る。 剣・槍で打ち合い弓矢が乱れ飛び、筋骨逞しい肉体が闇金相談 茨城衝突し合う戦闘シーンは、過剰なまでの流血と負傷・死の描写で満ちており、敵将の首を切断する など残酷な場面も多いが、あまりに誇張した過激な戦闘表現のためにかえって『戦闘・死のフィクション性』のほうが目立っている感じもある。

Comments are closed.