2週間でできるとは思わない

AdSense code or your HTML goes here, You may configure this area in the admin section.

闇に沈むもの

10月 14th, 2014

本人は「言葉が明瞭に聞こえないので手話通訳は必要」と言っていたが… この時、思い出したのが昨年話題になった南アフリカ・マンデラ元大統領の追悼式で話題になった手話通訳だ。

覚えている人も多いと思うが、各国の要人がマンデラ大統領への追悼演説をしている横で手話をしていた人だ。 何でも永延と手話で『エビ』と『ロバ』だけを繰り返していたそうで、当の本人は「天使が下りてきた」「自分は統合失調症だ」と言い訳をして行方知れずになった。
もしも、何かの機会で佐村河内氏がカメラや雑誌、ラジオの前に立つことがあったら一回、どこかの局でも出版社でもいいので自前で手話通訳者をつけてほしい。
その人は出来れば初心者か下手くそがいい。 一番いいのは、先ほどの手話通訳者なのだが彼は有名人になったので無理だ。 そこで何事もなく佐村河内氏がインタビューに答えれば明らかな『クロ』である。 障がい者は『闇に沈むもの』? 持論であるが、障がい者自体は『可哀想』でもないし『純粋』でもない。
もちろん、程度によっては周囲の人が守ってあげなければいけない重度の人もいるが逆に障害を持っていても普通に社会人や主婦をしている人もいる。

Comments are closed.